川崎西口通りデンタルクリニック

小児歯科

Pediatric dentistry小児歯科

小児歯科イメージ写真

乳歯の虫歯も治療が必要です

乳歯だからといって虫歯になっても問題ないと考えることは、大変危険なことです。乳歯には丈夫な永久歯が生えるための準備するための役割があったり、永久歯を正しい位置に導くといった役割があります。その他にも、あごの骨の成長や知能の発達、正常な咬み合わせにも影響を及ぼしています。

さらに、虫歯は感染症であるため、虫歯がある状態で抵抗力の弱い新しい永久歯が生えてくると、永久歯が虫歯になるリスクは高まります。

生えたての歯はとてもデリケートです

生えたての永久歯は、乳歯と永久歯が混在することで歯並びがでこぼこしてしまう傾向にあり、表面が粗く汚れが付きやすかったり、抵抗力が低い状態です。つまり、虫歯になりやすいデリケートな時期ということです。

また、永久歯がなかなか生えてこなかったり、乳歯が抜けないなどこの時期のトラブルはつきものです。子供の歯に異常を感じたら、お早めにご相談ください。

お子様の為の虫歯予防

本当の予防は子供のとき、欲を言えばおなかの中にいるときから始めるのが一番効果的です。

妊娠中、治療が胎内の赤ちゃんに影響するのではないかと不安を抱え、歯のトラブルがあっても診療が受けられない…といった悩みがある方も多いと思います。当院では、妊婦さんが安心・安全で快適な歯科治療の提供を心掛けております。妊娠期間やつわりの症状、体調などを考慮しながら診療を行っていきます。

妊娠中に虫歯や歯周病治療、お口のクリーニングに適しているのは妊娠中期(安定期)です。
妊娠後期になるとお腹も大きくなり、診察台に横たわるだけでもつらくなってしまうことも考えられます。

安定期に入ったら、まずは一度ご相談下さい。

Important thing of prevention予防の大切なこと

ただ歯医者に来て歯を診てもらうのは普通の歯医者です。本当の小児予防は生活の一部に組み込まれて、お子様も自発的に行なってもらうことによって、初めて成功します。目の前の行為がゴールにならないように私達が親御さんの負担を減らし、また、お子様の80年後、80歳まで健康な歯を持ち続ける事です。小児予防はその第一歩です。

本当の小児予防が目指すところ

  • 子供に虫歯菌を感染させない
  • 乳歯に虫歯を作らない
  • 永久歯に虫歯を作らない
  • できるだけ綺麗な歯並びにする
  • リスクの改善

To the mouth that is difficult to become虫歯になりにくい口へ

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態で、虫歯菌はいないと言われています。では、なぜ虫歯になるのでしょうか?虫歯は感染症です。つまり、お口のスキンシップなどを通して周囲の大人の方からお子様のお口に虫歯菌がうつり、虫歯に感染してしまうのです。虫歯菌に感染しやすい時期は、生後1歳7ヵ月~2歳7ヵ月の間です。この生後1歳7ヵ月~2歳7ヵ月の間に、お子様と同じ箸やスプーンを共有しない、咬み与えをしない等、お口のスキンシップを控える事で、成長した時の虫歯の本数を少なくすることができます。
また、24才(またはその前後)を過ぎると、新しくできる虫歯の本数はとても少なくなります。お子様への虫歯菌の感染に十分注意しながら、成人まで虫歯のない健康な歯を維持することができた場合、一生、虫歯のない健康な歯でいられる可能性が高いということが言えます。

虫歯の予防

歯磨き指導
1.歯磨き指導

子供が歯磨きを好きになるように丁寧に指導いたします。
歯磨き、ブラッシング指導では、虫歯を防ぐために効果的なブラッシング法を楽しみながら、歯科衛生士が丁寧に指導していきます。

フッ素塗布
2.フッ素塗布

萌出したばかりの乳歯は歯質がまだ脆弱なため、歯の表面にフッ素を塗布することにより、唾液中に含まれるミネラルを取り込みやすくすることで再石灰化を促進します。

シーラント
3.シーラント

虫歯になりやすい奥歯の溝の部分にプラスチックを流し込み、虫歯の予防をする処置です。歯を削らずに行えるため、痛み無く治療できるのが特徴です。